総量規制外のカードローンについて

消費者金融のカードローンは総量規制の対象となる為、借りる事が出来る金額の上限は、年収の1/3までとなります。
この時、1つの業者の上限が年収の1/3で、複数の業者を利用すれば、それぞれ年収の1/3まで借りる事が出来るというイメージを持つ人もいますが、複数の業者を利用した場合、すべての業者の限度額を合計した時の上限が、年収の1/3までとなります。
それに対して、総量規制対象外となり、年収の1/3を超える金額でも借り入れ可能となっているのが、銀行です。
銀行の場合、それぞれが設定した上限まで利用可能となっており、多いところでは1000万円が上限になっています。
こうした上限は、年収に関わらず適用される可能性があります。
ただ、申込をしてすぐに500万円や1000万円等、高額な上限が適用されるという訳ではありません。
最初の審査の段階では、申込をした人の年収や雇用形態等様々な情報、そして希望する限度額から、最初の限度額が設定されていく事になるのですが、この時点では100万円以下の限度額から始まるという事が殆どになります。
ただ、この後、借り入れや返済を繰り返す中で、銀行からの信用を得る事が出来れば、増額審査を受ける事が可能になります。
増額で一気に上限となる金額まで限度額が増えるという事はありませんが、消費者金融の場合は上限が年収の1/3までになるのに対し、銀行であれば、それ以上の限度額も期待する事が可能です。