カードローンの返済方法の種類に関して

カードローンの返済方法はいくつかあります。まず契約できるところは銀行や消費者金融があります。方式はリボルビング払いが主流になっています。この中でも元利均等払いと元金均等払いの2種類があります。この2つの方式は名前は似ていますが中身はかなり違っています。前者は利息と元金を足したものを毎月返済していくものです。最初は利息を払っていく感じで元金がなかなか減らないイメージがありますが、毎月の金額が決まっていますから計画的に行っていけるメリットがあります。後者は元金の額を一定にして払っていくので、残額が少なくなっていけば毎月の返済額も減らす事ができる方法です。しかしカードローンは借り足したりしますから計画的に行っていく事が難しい部分もあります。こういった理由から元利均等払いのほうが採用される事が多いです。残高を効果的に減らしていくには上記のように計画的に減らしていくのは重要なことですが、余裕があるときに多めに払っていくことを取り入れる事が大事です。これを随時返済と言います。これで利息を減らしてさらに余裕が出て来れば元金一括で返せるようにすれば残金も大きく減らせます。支払いがなかなか終了しない方式もあるので注意が必要です。具体的にいうと残高スライド定率方式ですがなかなか減らないとずっと金利を返済していかなくてはいけなくなります。長期的なスパンでみていくと非常にもったいないですから、一挙に減らすことも考えておく必要があります。