銀行系キャッシングの特徴って?

キャッシングは行っている業者の業種によって二種類に分けられます。
一つが銀行が運営する銀行系、もう一つが貸金業者が運営する消費者金融系です。
このうち最近人気が高くなっているのが銀行系キャッシングなのですが、ではこちらの特徴は何かというと、まず大きいのが「金利面において非常に有利である」ということです。
消費者金融は基本的に法律によって許可された金利の上限に近い金利を設定して融資をしていますが、それと比べると銀行系業者はかなり低い金利での融資を行っています。
金利が低いということは返済時に付く利息が少ないということですから、最終的な自己負担が軽くなるというメリットがあります。
またこれは良い特徴ですが、逆に少々欠点とされるのが審査の厳しさです。
消費者金融系業者では審査において多少のリスクがあっても融資をしてくれることがありますが、こちらはそうではありません。
もちろんごく小さなリスクであれば問題ないとしてもらえることもありますが、消費者金融と比べると審査の際の基準が少々高めに設定されているのです。
利用者に対して高い信用を求めるからこそ低金利が実現されているとはいえ、この点は事前に確認が必要です。
とは言え銀行系キャッシングと言っても全国でさまざまな業者がいるわけですから、どこでも同じと考えるのではなく口コミなどを見てどの業者が自分にとって一番メリットが大きいのかということを考え、じっくりと比較検討したうえで利用申し込みをしましょう。