カードローンの契約や返済は金利計算して賢く対処

出費がかさんでくると財布の中身や銀行の預金残高も残り少なくなり、生活もだんだんと窮屈になって息苦しくなってしまうもの。そんなときには銀行や消費者金融の借入サービスを活用して手軽に不足金を補いたいものです。とりわけカードローンは一度契約して新規カードを手にすると、あとはそれを利用して近場のATMを操作するだけで簡単に融資金を引き出す事が可能となります。特にコンビニチェーンと提携しているカードローンは店内ATMを使うと24時間いつでも駆けつけてお金を引き出す事ができるので便利です。

ただしカードローンを契約する際には各社のサービスを金利やサービスの観点から十分に比較検討し、どれにするかを決めなければなりません。そもそも借金とは借りたお金に加え、その金額と期間を掛け合わせた利息が加算されて大きく膨らんでいくもの。借入額が多ければ多いほど、契約時にはこの金利が密接に関わってきます。ほんのすこしの違いが結果的に大きな利息額の差となって自分を苦しめることになるかもしれません。そうならないためにもきちんと金利計算した上で契約申請することが必要です。

そして返済の際にもきちんと金利を計算してできるだけ短期間で計画的に返してしまう方が負担が軽くすむので得策です。可能であれば返済金が集まった時点で一括返済することも考えてみると良いでしょう。

また、カードローンの利用にあたっては審査で信用情報や勤務先への在籍確認が行われ、さらには消費者金融からの借り入れの場合、総量規制に基づいて年収の3分の1を超える融資ができなくなってしまいます。そのため借入限度額もこれらのラインを参考にしたものになる場合が多いもの。もしもこのラインを超えたレベルの融資金が必要であれば、事業資金ローンや銀行の借入など総量規制対象外のものを選択して申請してみると良いでしょう。