アルバイトの人の借入先金融機関の選び方

アルバイトの人は消費者金融でしか借りられないと考えている人がいますが、それは間違いです。アルバイトの人でも銀行や信用金庫で借りられる可能性はあります。

アルバイトの人が借入先の金融機関を選ぶときの1つの基準として、他社からの借入があるかどうかというポイントがあります。他社からの借入がゼロならば、信用は高いと言えます。借入件数が増えるほど信用が落ちていくと考えましょう。クレジットカードのキャッシング枠も借入件数1件と数えられます。クレジットカードのキャッシング枠はゼロにしておくか、最少額の10万円などにしておきましょう。

もう1点重要なのが、個人信用情報です。過去1年以内にクレジットカードやローンの返済で延滞をしたことが1回でもあると厳しくなります。延滞の記録は最短でも2年間残りますが、どこまで遡って判断基準とするかは金融機関によって異なります。過去1年に延滞をしていなければOKのところもあれば、1年以上前の情報も判断の材料にすることもあります。

以上のポイントをクリアしていれば、後は安定した収入さえあれば銀行でも借りられるでしょう。アルバイトの人は年収が200万円以内ということもありますが、毎月安定して収入が入っているなら限度額10万円くらいは借りられる可能性があります。もしも1つ2つの銀行に申し込みをしてみて審査に落ちたら、消費者金融に申し込みをするようにしたらよいでしょう。

消費者金融などの貸金業者は金利が高いのでやめたほうがいいと言う人もいますが、実は法律が変わったことで昔に比べると良心的な金利になっています。少額の融資を短期間借りるだけなら消費者金融カードローンもオススメできます。学生なら学生ローンも検討してみましょう。